私は日夜、記憶術の研究に余念がありません。
更に上級レベル写真的記憶術を開発しました。
名付けて、『腹脳写真的記憶術』!
腹脳?そんなバカな!!と思うかもしれませんが、ヨガや東洋医学では頭脳明晰法として臍下丹田に意識を置く重要性について力説しております。
瞑想でも武道でも臍下丹田に意識を置くと、直観やヒラメキが得られ易くなります。
この方法は、読んで字の如し、腹脳、あるいはセカンドブレインと呼ばれる内臓で文字そのものを写真のように記憶する方法です。
人間は、頭で記憶しようとするから記憶できないのです。
内臓感覚に莫大な記憶容量があります。それを有効活用します。
記憶の宝庫といわれる潜在意識は実は内臓にあるのです。
なぜならば内臓は無意識で動いているでしょう。
意識して動かせる臓器は、肺くらいです。その他の臓器は、意識的に動かすことはできません。全て無意識に動いています。
だから呼吸法は無意識と意識を繋ぐ臓器と言えます。
だから精神統一や無意識になる方法として、古来から呼吸法が用いられるのはそのためです。
セカンドブレインという名の本が出版されております。小腸や大腸に脳と同じ物質があることが発見されたことが記載されております。
脳死した他人の心臓を移植した患者が、脳死した人間の記憶を持つようになったという報告が多くなされております。
心臓に持ち主の何らかの記憶が刻みこまれているようなのです。
だから、癌の転移のために大量の内臓を摘出すると、猛烈に記憶力が衰えるという報告もあります。ボケやすくなるとも言われております。
ノーベル物理学者だった故湯川秀樹氏は、胃の摘出手術後に記憶力の強い衰えを訴えておられたようです。
内臓は、セカンドブレインなのです。
頭に意識を置き過ぎるとエネルギーが上に上がってしまい、精神のバランスが崩れます。
鬱のヒトは、頭にエネルギーが溜まりすぎて、思考が堂々めぐりして、最後にショートしてしまうのです。
何度も実験を繰り返す内に、
このセカンドブレインである腹脳を記憶法に活用する方法は、世界初の大発見だと思います。
この腹脳写真的記憶術で自分の記憶力の良さにきっと驚かれるかもしれません。
腹脳写真的記憶術に興味のある方は、ご連絡ください。
元先任司令官ゴルゴ

私は日夜、記憶術の研究に余念がありません。
更に上級レベル写真的記憶術を開発しました。
名付けて、『腹脳写真的記憶術』!
腹脳?そんなバカな!!と思うかもしれませんが、ヨガや東洋医学では頭脳明晰法として臍下丹田に意識を置く重要性について力説しております。
瞑想でも武道でも臍下丹田に意識を置くと、直観やヒラメキが得られ易くなります。
この方法は、読んで字の如し、腹脳、あるいはセカンドブレインと呼ばれる内臓で文字そのものを写真のように記憶する方法です。
人間は、頭で記憶しようとするから記憶できないのです。
内臓感覚に莫大な記憶容量があります。それを有効活用します。
記憶の宝庫といわれる潜在意識は実は内臓にあるのです。
なぜならば内臓は無意識で動いているでしょう。
意識して動かせる臓器は、肺くらいです。その他の臓器は、意識的に動かすことはできません。全て無意識に動いています。
だから呼吸法は無意識と意識を繋ぐ臓器と言えます。
だから精神統一や無意識になる方法として、古来から呼吸法が用いられるのはそのためです。
セカンドブレインという名の本が出版されております。小腸や大腸に脳と同じ物質があることが発見されたことが記載されております。
脳死した他人の心臓を移植した患者が、脳死した人間の記憶を持つようになったという報告が多くなされております。
心臓に持ち主の何らかの記憶が刻みこまれているようなのです。
だから、癌の転移のために大量の内臓を摘出すると、猛烈に記憶力が衰えるという報告もあります。ボケやすくなるとも言われております。
ノーベル物理学者だった故湯川秀樹氏は、胃の摘出手術後に記憶力の強い衰えを訴えておられたようです。
内臓は、セカンドブレインなのです。
頭に意識を置き過ぎるとエネルギーが上に上がってしまい、精神のバランスが崩れます。
鬱のヒトは、頭にエネルギーが溜まりすぎて、思考が堂々めぐりして、最後にショートしてしまうのです。
何度も実験を繰り返す内に、
このセカンドブレインである腹脳を記憶法に活用する方法は、世界初の大発見だと思います。
この腹脳写真的記憶術で自分の記憶力の良さにきっと驚かれるかもしれません。
腹脳写真的記憶術に興味のある方は、ご連絡ください。
元先任司令官ゴルゴ

【ホームページ】を見たい方は、ココをクリック!!!