イメージ結合とは連想結合とも言われ、イメージ同士を強制的に印象強く結合することによって2つを結びつけて記憶する方法です。
この記憶法の欠点は以下の通りです。
・2つのイメージを密接にくっつけて明瞭に描く必要があるので、想像力が逞しくないとイメージの想定が極めて難しい。(例:徳川家康と明智光秀が相撲をしたイメージ。福田総理と安部元総理が取っ組み合いの喧嘩をしたイメージ。これら2つのイメージを明瞭に映画を見ているように瞬時に想像できますか?)
・抽象的な言葉を具体的なイメージに変換する必要があり、これがかなり難しい。(例:正義→??、形而上→??、無我→??、緊急→??)
・記憶術で記憶した事を想起する際に、具体的イメージから抽象的な言葉に復元することが難しい。
(例:正義→正義の見方のスーパーマンに変換して記憶した。しかし、暫く時間が経過するとスーパーマン→???、『正義』が出て来ない!)
・イメージ結合における2つのイメージの繋がり方は、非合理的な突飛な結びつきが殆どなので、論理的な処理を得意とする左脳ではこの種の情報は扱いにくい。
・イメージ結合法で記憶した知識は、論理的に結びついた知識ではないので、短時間での記憶なら良いかもしれないが、有る程度時間が経つとザルのように完全に忘却化され、全く知識として何も定着しない。その理由は、論理的処理を得意とする左脳が非合理的イメージを論理性のない無価値のゴミとして拒否し、右脳と左脳の双方に記憶が分布しないので、長期記憶化しないからである。イメージ結合で記憶した知識は、論理性のある記憶に変容しない限り、全く知識として身に付かない。イメージ結合は、一夜漬けの記憶のように試験が終わるとパーと忘れ易い。
・イメージ結合法に向くタイプとは、直観像が長時間持続し、右脳が非常に発達した映像記憶に長けた脳の持ち主か、小学生から中学生までの右脳が比較的柔らかい時期の方には向いているかもしれないが、年齢を重ねるに従って左脳優位になり、右脳は退化していくので、年齢を重ねるほど、イメージ結合記憶術は習得が困難になる。
・言葉Aと言葉Bをイメージ結合で結びつけて記憶する場合、言葉A→イメージA、言葉B→イメージBと変換して、イメージAとイメージBの結合イメージを作る。つまり、言葉Aと言葉Bは、イメージ結合を介して、間接的に結びついているので、言葉A→言葉B、或いは言葉B→言葉Aのように直接的に発想できない。要するに思考材料として使いづらい。
現在、ネット上で情報商材として売られている記憶術の殆どが、イメージ結合を用いている。
このように、イメージ結合による知識は、左脳で記憶した知識とは全く異なる。
即座に必要な知識を想起し、有機的に知識を組み合わて独創的な知識を生産したりするような左脳的な知識の使い方には、イメージ結合記憶は極めて使いづらい。
論理性よりも感性を重んじ、色付きのカラー映像を自由自在に映画のように想像することが可能で、何でもイメージや直観で考えるタイプの右脳型人間でないとイメージ結合を用いた記憶術は自由に活用することは難しい。
テレビに登場する優れた記憶術家達は、映画のようにカラー映像を瞬時に想像し、共感覚で立体的にイメージを把握する才能に恵まれた方々であり、右脳が非常に良く発達した、僅かに限られた人数の超右脳人間達です。
圧倒的多数と言われる論理志向の左脳型人間には、瞬時にカラー映像をリアルに想像できるようになるには相当の訓練が必要であり、成人して右脳が硬くなった左脳型人間には極めて困難です。
要するに、イメージ結合を用いた記憶術は、人口比率から言って圧倒的多数の左脳型人間には実戦的ではないのです。
イメージ結合による記憶術の歴史はたいそう古く、2500年前のシモニデスが創始したと伝えられておりますが、現在までその手法は何ら進歩しておりません。
2500年もかかって、イメージ結合に代わる記憶術が未だに発見されていないのはどういう訳でしょうか?
私は人口比率的に圧倒的多数のそんな左脳優位の人達のために、この記憶術を開発しました。
私自身が、典型的な左脳型人間だったからです。
中学生時代に苦手の歴史の年表を記憶するために、変換イメージとしてスタンドマイクとゾウをイメージ結合して記憶しようとした時、スタンドマイクの上に巨大なゾウが乗っているイメージを描こうといくら頑張っても、やっとスタンドマイクをイメージ化することができても、その上に乗ったゾウをイメージ化しようとすると、今度はマイクスタンドのイメージが消えてしまって、ゾウだけのイメージになってしまうのでした。
同時にイメージ化すると双方の結合イメージがボンヤリとしたイメージとなるのでした。
イメージ結合は、3秒から5秒以内で想定しないと雑念が湧いてくるので、5秒以内に想定しようとすると、どうしてもぼやけたイメージになってしまい、結局、記憶することができなかったのでした。
35年間イメージ結合を訓練して、ようやく自由自在にイメージを作ることができるようになりましたが、皆さんは私のように、35年間という膨大な時間と労力を浪費して新しい記憶術の開発に命を賭ける覚悟がないのでしたら、イメージ結合記憶術はお勧めできません。
しかし、35年間の紆余曲折を通じて、写真的記憶術とは別に、短期間に右脳を活性化して、具体的イメージ→抽象的言葉に復元する画期的方法も開発することができましたので、次世代イメージ結合記憶術も併せて伝授することができるようになりました。
”急がば廻れ”の結果、写真的記憶術からの全く対極的なイメージ結合記憶術の次世代タイプという思わぬ副産物も産まれた訳で、人生というものは、諦めなければ何でも可能となるのだとつくづく思った次第です。
イメージ結合による記憶術の歴史はたいそう古く、2500年前のシモニデスが創始したと伝えられておりますが、現在までその手法は何ら進歩していません。
2500年もかかって、世界中の天才達が研究して来たにも関わらず、イメージ結合に代わる記憶術が未だに発見されなかったというのは一体どういう訳でしょうか?
私は凡才であるにも関わらず、どういう訳か、何の因縁か、イメージ結合記憶術に変わる写真的記憶術と想起術を開発に成功し、同時にイメージ結合記憶術の欠点を補う次世代型イメージ結合記憶術の開発にも成功してしまったのでした。
凡才でも地道に努力すれば、不可能も可能にすることができるのだと実感を持って、言い切る次第です。

イメージ結合とは連想結合とも言われ、イメージ同士を強制的に印象強く結合することによって2つを結びつけて記憶する方法です。
この記憶法の欠点は以下の通りです。
・2つのイメージを密接にくっつけて明瞭に描く必要があるので、想像力が逞しくないとイメージの想定が極めて難しい。(例:徳川家康と明智光秀が相撲をしたイメージ。福田総理と安部元総理が取っ組み合いの喧嘩をしたイメージ。これら2つのイメージを明瞭に映画を見ているように瞬時に想像できますか?)
・抽象的な言葉を具体的なイメージに変換する必要があり、これがかなり難しい。(例:正義→??、形而上→??、無我→??、緊急→??)
・記憶術で記憶した事を想起する際に、具体的イメージから抽象的な言葉に復元することが難しい。(例:正義→正義の見方のスーパーマンに変換して記憶した。しかし、暫く時間が経過するとスーパーマン→???、『正義』が出て来ない!)
・イメージ結合における2つのイメージの繋がり方は、非合理的な突飛な結びつきが殆どなので、論理的な処理を得意とする左脳ではこの種の情報は扱いにくい。
・イメージ結合法で記憶した知識は、論理的に結びついた知識ではないので、短時間での記憶なら良いかもしれないが、有る程度時間が経つとザルのように完全に忘却化され、全く知識として何も定着しない。その理由は、論理的処理を得意とする左脳が非合理的イメージを論理性のない無価値のゴミとして拒否し、右脳と左脳の双方に記憶が分布しないので、長期記憶化しないからである。イメージ結合で記憶した知識は、論理性のある記憶に変容しない限り、全く知識として身に付かない。イメージ結合は、一夜漬けの記憶のように試験が終わるとパーと忘れ易い。
・イメージ結合法に向くタイプとは、直観像が長時間持続し、右脳が非常に発達した映像記憶に長けた脳の持ち主か、小学生から中学生までの右脳が比較的柔らかい時期の方には向いているかもしれないが、年齢を重ねるに従って左脳優位になり、右脳は退化していくので、年齢を重ねるほど、イメージ結合記憶術は習得が困難になる。
・言葉Aと言葉Bをイメージ結合で結びつけて記憶する場合、言葉A→イメージA、言葉B→イメージBと変換して、イメージAとイメージBの結合イメージを作る。つまり、言葉Aと言葉Bは、イメージ結合を介して、間接的に結びついているので、言葉A→言葉B、或いは言葉B→言葉Aのように直接的に発想できない。要するに思考材料として使いづらい。
現在、ネット上で情報商材として売られている記憶術の殆どが、イメージ結合を用いている。
このように、イメージ結合による知識は、左脳で記憶した知識とは全く異なる。
即座に必要な知識を想起し、有機的に知識を組み合わて独創的な知識を生産したりするような左脳的な知識の使い方には、イメージ結合記憶は極めて使いづらい。
論理性よりも感性を重んじ、色付きのカラー映像を自由自在に映画のように想像することが可能で、何でもイメージや直観で考えるタイプの右脳型人間でないとイメージ結合を用いた記憶術は自由に活用することは難しい。
テレビに登場する優れた記憶術家達は、映画のようにカラー映像を瞬時に想像し、共感覚で立体的にイメージを把握する才能に恵まれた方々であり、右脳が非常に良く発達した、僅かに限られた人数の超右脳人間達です。
圧倒的多数と言われる論理志向の左脳型人間には、瞬時にカラー映像をリアルに想像できるようになるには相当の訓練が必要であり、成人して右脳が硬くなった左脳型人間には極めて困難です。
要するに、イメージ結合を用いた記憶術は、人口比率から言って圧倒的多数の左脳型人間には実戦的ではないのです。
イメージ結合による記憶術の歴史はたいそう古く、2500年前のシモニデスが創始したと伝えられておりますが、現在までその手法は何ら進歩しておりません。
2500年もかかって、イメージ結合に代わる記憶術が未だに発見されていないのはどういう訳でしょうか?
私は人口比率的に圧倒的多数のそんな左脳優位の人達のために、この記憶術を開発しました。
私自身が、典型的な左脳型人間だったからです。
中学生時代に苦手の歴史の年表を記憶するために、変換イメージとしてスタンドマイクとゾウをイメージ結合して記憶しようとした時、スタンドマイクの上に巨大なゾウが乗っているイメージを描こうといくら頑張っても、やっとスタンドマイクをイメージ化することができても、その上に乗ったゾウをイメージ化しようとすると、今度はマイクスタンドのイメージが消えてしまって、ゾウだけのイメージになってしまうのでした。
同時にイメージ化すると双方の結合イメージがボンヤリとしたイメージとなるのでした。
イメージ結合は、3秒から5秒以内で想定しないと雑念が湧いてくるので、5秒以内に想定しようとすると、どうしてもぼやけたイメージになってしまい、結局、記憶することができなかったのでした。
35年間イメージ結合を訓練して、ようやく自由自在にイメージを作ることができるようになりましたが、皆さんは私のように、35年間という膨大な時間と労力を浪費して新しい記憶術の開発に命を賭ける覚悟がないのでしたら、イメージ結合記憶術はお勧めできません。
しかし、35年間の紆余曲折を通じて、写真的記憶術とは別に、短期間に右脳を活性化して、具体的イメージ→抽象的言葉に復元する画期的方法も開発することができましたので、次世代イメージ結合記憶術も併せて伝授することができるようになりました。
”急がば廻れ”の結果、写真的記憶術からの全く対極的なイメージ結合記憶術の次世代タイプという思わぬ副産物も産まれた訳で、人生というものは、諦めなければ何でも可能となるのだとつくづく思った次第です。
イメージ結合による記憶術の歴史はたいそう古く、2500年前のシモニデスが創始したと伝えられておりますが、現在までその手法は何ら進歩していません。
2500年もかかって、世界中の天才達が研究して来たにも関わらず、イメージ結合に代わる記憶術が未だに発見されなかったというのは一体どういう訳でしょうか?
私は凡才であるにも関わらず、どういう訳か、何の因縁か、イメージ結合記憶術に変わる写真的記憶術と想起術を開発に成功し、同時にイメージ結合記憶術の欠点を補う次世代型イメージ結合記憶術の開発にも成功してしまったのでした。
凡才でも地道に努力すれば、不可能も可能にすることができるのだと実感を持って、言い切る次第です。

【ホームページ】を見たい方は、ココをクリック!!!